値上げのはなし

6月だったか、日経ビジネスに「夏以降に自己破産急増、コロナ破綻は年1000社超?」との見出しがありました。

世帯主の収入の不安だってある中、多方面の学生服メーカー様から値上げのお申し入れ…。

実はこれ、一昨年の秋頃には各社からやんわりとお話が出ておりました。

原料や染料の高騰、加工・輸送料のコスト上昇。

その矢先のコロナ。

恐らく、この時期の値上げに関しては、各メーカー様も迷われたと思います。

それでも会社を継続するためには、ギリギリの判断だったのかも知れません。

世間がこんな状態の時に値上げですか!とも感じます。

当然、販売店である私たちも「お値段据え置き」では生活が成り立ちません。

ですが、これは誰が誰に頭を下げてどうなるものでもない現実なのです…。

コロナによる経済の影響はまだまだ続くことでしょう。

事前にバザーで購入される方もいらっしゃいますが、今年度に限っては開催されるかわかりません。

自治体が発行する商品券を活用する、お下がりをもらう。

色々手段を考えておくのもいいかも知れません。

制服リユースのお店もありますね。

学生服はお値段が高いだけあって、丁寧に丈夫につくられています。

直して着る。

お下がりを待つ人のために大事に着る。

そんなサイクルができると素敵ですね。

…売上が減っちゃいますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA