里親募集☆女の子

ボランティアで虚勢・避妊手術をしてくれる方がいらっしゃる一方で、まだまだ無責任なエサやりさんや、多頭崩壊もなくならないのが現実です。

そして生まれてくる仔猫たち。

猫好きとしては、1匹でも多くの子が幸せの切符を手にしてほしいと願うばかりです。

今回ご案内するのは、サニーちゃんとベリーちゃん。

生後1か月の女の子です。

生涯、家族の一員として大事に大事に育ててくださる方を募集しております。

できることなら引き取りたい、とも思うのですが、みたまニャン3匹のうち2匹はシニア。

いずれ介護も必要になるかも知れませんし、だいたい、50代の夫婦であるワタシたちが今から仔猫を育てるとなると、猫を残して自分たちが先に死んでしまうかも知れません。躊躇してしまいます。はい。

さて。

里親と言っても誰でもなれるわけではありません。

猫を受け入れる条件としては、次のような基準を設けている団体さんが多いです。

・経済的に自立している

・愛情や飼育していく責任感がある

・ペット可の住宅に住んでいる

・家族全員が同意している

・先住犬や先住猫がいる場合、避妊・去勢手術が済んでいる

・完全室内飼いができる

また、上記の条件は満たしていても、以下のような家庭では譲渡してもらえないケースがほとんどです。

・独り暮らし

・同棲中のカップル

・高齢者だけの家庭

・不在時間が多い家庭

・引っ越す予定がある

あくまでも「ご参考」です。必ずしもこの限りではございません。

サニーちゃんとベリーちゃんについては、元郷ペットクリニックまで。

※当店でお預かりしているわけではございません。

まだまだ募集中

ママとはぐれてしまった子猫の「ごすけ」。

保護仲間と一緒に、家族として迎え入れていただいたそうです。

ごすけ、幸せになってね。

他にもまだ、里親さんを探している子たちがいます。

↑スカイくん(2か月)

↓エフちゃん(3か月)

詳しくは元郷ペットクリニック様へご連絡下さい。

電話048-225-9119

子猫の里親募集

もうすぐ2か月の男の子。ママとはぐれてしまいました。

恒例の(?)子猫の里親募集です。

今回も元郷ペットクリニック様にて保護された、可愛い子ちゃんたちです。

猫を飼ってみたいとお考えの方、ペットショップへ行く前に、この子たちにもぜひ会ってみてください。

面会については、元郷ペットクリニック(旧セントラルペットクリニック川口病院)へご予約のお電話を → 048-225-9119

動物病院の先生やスタッフの方々は随時診察を行っておりますので、突然会いに行ったりするのではなく、必ず事前に連絡をお願いいたします。

2か月の女の子です。

仔猫って無条件に可愛いです。

一緒に暮らし始めたころは、夜遊びもやめました。

早く家に帰りたくて仕方がないのです。

可愛くて可愛くて。

ただひたすら会いたくて。

その分、お別れの時は地獄のような悲しみを味わいます。

なぜなら、それまでの時間があまりにも幸せ過ぎて。

人間の寿命よりもはるかに短い猫の命。

家族に迎え入れる際には、最後のその日まで、どうかどうか寄り添ってくださいね。

子猫の里親募集

仔猫の「こね」。もうすぐ3ヶ月になるおてんば女子です。

ワタクシ番頭が、勝手に作りましたが、セントラルペットクリニックの先生は、「こねのおてんば感が出ていて、すごく良いです!」とおっしゃってくださいました。

生まれつきの持病があるため、詳しいことは、セントラルペットクリニック川口病院(川口市元郷5-26-27、📞048-225-9119)にてご確認くださいませ。

 

当店2Fにいる猫のうち、1匹はコロナウイルスに感染しています。

この子の兄弟も感染していて、生後半年で伝染性腹膜炎を発症し命を落としました。

が、この子は残っている4匹の中で1番元気。

病院に行く数も1番少ない子です。

そして他の猫たちにも感染がみられません。

無症状で発症せずに生涯を終える子もいるんだそうです。

 

もしも、この「こね」ちゃんに興味がございましたら、

「持病があるから早く死んでしまう」とか

「高額の治療費がかかる」とか

先入観を持ったり、イメージやクチコミなどに惑わされず、まずは専門の先生の話に耳を傾けてみてください。

 

 

仔猫の里親募集

店舗入口にもポスターを貼ってありますが。。。

3匹の仔猫の里親さんを募集しております。

ご興味のある方は、

セントラルペットクリニック川口病院

元郷5-26-22 048(225)9119

まで。

 

女子です。

男子です。

男子です。

 

仔猫って無条件に可愛いです。

一緒に暮らし始めたころは、夜遊びもやめました。

早く家に帰りたくて仕方がないのです。

可愛くて可愛くて。

その分、お別れの時は地獄のような悲しみを味わいます。

なぜなら、それまでの時間があまりにも幸せ過ぎて。

人間の寿命よりもはるかに短い猫の命。

家族に迎え入れる際には、最後のその日まで、寄り添ってくださいね。