上履き洗い

お客様から時々伺うのが「上履きが恐ろしく汚い」件。

中学生ともなると、週1で持って帰る子の方が珍しいでしょう。

せいぜい学期末。

へたすりゃ学年末に持って帰って来て、ハイ!「廃棄」。

でも、毎週末持って帰る小学生の上履き汚れはなぜ???

メーカー様に相談をしてみたところ、原因の多くは

1.洗剤が落ち切っていない

シューズ専用洗剤や、ウタマロ石鹸、オキシクリーンに、ワイドハイターEX。

ゴシゴシ洗いにつけ置き洗い。白いシューズを蘇らせるための、あの手この手。

でも、洗剤がちゃんと落ちきっていないと、せっかく苦労して洗っても、変色の原因となります。

2.直射日光で乾かしている

お日様にあてると殺菌効果がありそうな気がしますが、劣化を早めます。

また、前述の「洗剤が落ち切っていない」場合、黄変してしまいます。

日当たり抜群の南向きのベランダでも、なるべく陰干しになるよう工夫してみてください。

そもそも布製の上履きなどの多くは、「防汚加工」や「撥水加工」などが施されています。

それを、白さを求めるがゆえに、漂白剤や洗剤でつけ置きをしてしまうと、その加工を破壊してしまいます。

つけ置きするなら、40度以下の常温(ただの水道水)。

湿ったあとに中性洗剤を「適量」つけて洗い、よくすすぐこと。

インソールが外せるタイプは、別々に洗って干しましょう。

こちらのタイプ、インソールは外れません。
めんどうでも、ヒモは必ず外しましょう。
このように、はずすことができます。

ちなみに私はサンプルを洗ったあと、ニトリで買ったスリッパホルダーにかけて干しています。

さらに、それを稼働している室外機の前に置いちゃうこともあります。

(↑かなり早いし、実は汚れません)

上履きの汚れは「うちの子だけ」ってことはないと思います。

恐らくみんな同じように汚れています。

清潔が一番。色は二の次。

できればサイズアウトするまで、履いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA