上履きや体操着などのお買い替え。

7/20(火)で、1学期は終了します。

そして始まる、約40日間の夏休み。

その間に、ゆる~いサンダル系を履いていると、予想外に足が大きくなる子がいます。

 

↑ 19cmを購入したのに、夏休みが明けたらミッチミチになってしまった…なんてツラすぎます。

 

↑ 中学生の上履きは特に高いので、なるべく無駄がないように購入したいものです。

 

 

昨年の、自粛期間中もそうでした。

足が大きくなった子、あるいは背が伸びた子。

 

今現在、ガマンできる状態であれば、もう少し頑張ってもらい、買い替えは8月20~25日頃がお勧めです。

 

もちろん、制服のお直しも。

 

ただし、ある程度成長した中学3年生は問題ありません。

むしろ、シューズやスポーツバッグなどは、今頃購入していおいたほうが、卒業まで無駄なく使用でき、受験の頃にはちょうどいい風合いになることでしょう。。。

 

 

次の営業日は5/11(火)です

4月の下旬から、定休日を日・月・祝日に戻しました。

ゴールデンウィーク明けではございますが、明日と明後日もお休みいたします。

さて、元郷中学校では週明けに行われる心電図検査のために「できればジャージの下にブラウスを」とのお達しがあったようですが、1年生女子のみなさま、ご準備は大丈夫でしょうか。

「ほかの販売店で注文したけれど、まだ夏服を受け取っていない」という方。

注文店に連絡をして、ブラウスとベストだけでも先に受け取りたい旨を伝えてみてはいかがでしょうか。

詰襟やブレザーの制服と違い、セーラ服は「暑いから脱ぐ」ということができません。

気温が夏日に近づいてきたら、せめて上衣だけでもブラウス&ベストという軽いスタイルに移行してあげてください。

感染者が過去最多を更新する中、免疫力を落とさないためにも、どんな小さなストレスでも、こどもたちの体への負担は取り除いてあげたいものです。

半袖ワイシャツの購入について

ワイシャツはその商品の性質上、お会計後の返品交換は一切お受けいたしておりません。

ですので、必ずご試着をいただいております。

どうしてもご本人が一緒に来れない場合は、現在着用している長袖ワイシャツをご持参のうえ、サンプルと比較してサイズをご確認ください。

他店で購入された場合、ブランドによってサイズ表記も着用感も変わってきます。

「Mサイズください」と仰られても、当店のサイズは145から190まで5単位でサイズが分かれております。

ご理解ください。

**************************

以前、お孫さんのワイシャツを買いに見えたお客様が「普段、これを着ている」とTシャツを出されたのですが、すみません、それは参考になりませんでした。

なるべく、近い商品でお願いいたします。

いよいよ夏服の出番です

多くの中学校が、本日より「夏服移行期間」になりました。

新1年生も、思い上衣を脱いで登校しているのでしょうか。

重たい通学カバンを背負って、この気温だと、冬服はちょっと辛いかもしれません。

この週末は夏日になるようですし、忘れている方は早々にご準備を。

**************************

いざ夏服を出してみたらサイズが合わない、ってよくあることです。

特に男子のスラックスは「丈、やばい」方が多いです。

お直しは2~3日お預かりいたします。

本格的に暑くなってからですと、お預かりしている間に冬用のスカートやスラックスを履かねばなりませんので、確認はどうぞお早めに。

お直しの料金はコチラをご覧ください。

**************************

店内に飾ってある女子服も、夏服になりました。

ちょっと涼しげです。

そろそろ夏服のご準備を。

気温が高ければ、ゴールデンウイーク明けから「夏服移行期間」が始まります。

4月も下旬に入りましたので、半袖ワイシャツ、夏スカートや夏スラックスのご準備を。

「昨年より背が伸びてスラックスからくるぶしが出てる~!」

というのがワタクシたちにとって、もはや風物詩。

丈のお直しは2~3日程度、お預かりいたします。

夏服を着たい時にすぐ着れるように、そろそろご準備ください。

 

****************************

お直しに出される場合は、なるべくご本人と一緒にご来店ください。

実際に履いたところをみせていただくのが一番安心です。

思春期真っただ中で嫌がるお子さんもいらっしゃると思いますが、とあるお客様のお話を伺ったところ

「くるぶし出てるし、みっともない。女にモテないよって言ったら、ひとりで黙って行ったわ」と。

なるほど。その手がありましたか。

****************************

その男子、ひとりで来ました。

お母さんと一緒に行くのはイヤだけど、異性の目は気になる…正しい成長だと思います。

ちなみにその彼のお母さんはお電話で「5cmくらい出してほしい」とおっしゃっていましたが、実際に履いてもらって確認したところ、10cm近く出すことになりました。

***************************

ウエストがキツイというお子さんの場合、出せる限界もあります。

逆に、瘦せてしまった場合、詰めるのも限界があります。

その際はお買い替えをご提案する場合もございますので、やっぱり保護者の方とご一緒の方が私たちも安心です。

ちょっと待って!まだ捨てないで!

新学期は新しいシューズや体育シャツで、というお買替えのお客様も多いのですが、ご注意いただきたいのは…

「買ってから捨てましょう」

ということ。

メーカー様に発注しても品物によっては、お取り寄せに大変お時間がかかります

「捨てちゃったのに、新学期に間に合わない!」ということがございませんよう、購入が完了するまでは捨てないでください。

現在は青木中学校のジャージがかなり品薄で、3月に入ってからのご注文は4月中旬以降のお渡しを予定しております。

在庫はできるだけ確保しておりますが、その年度によってお客様が集中するサイズも異なります。

学校のマークが入ったものは特にお時間がかかりますので、しつこいようですが、在校生の方は入手できるまでお手元に保管してください。

ご理解ご協力のほど、お願いいたします。

年内の営業は終了いたしました

トップの画像は今年の初めにアップしたもの。
コロナのせいなのか、歳のせいなのか、あっという間の、そして何だか思い出の少ない1年でした。

そんな最終日は、お直しの駆け込みさんでにぎわいました。

今日お預かりした学生服は、1/6~7日にお渡しできるよう頑張ります(お針子さんたちが)。

この学ラン、サイズアップ機能つき

当店イチオシの詰襟は

袖口が3cm伸ばせます。

が、これは別に普通の機能。

ちょっと違うのは、もう1段階出せること。合計6cm。

お裁縫が苦手!という方でなければ、わりとご家庭でできちゃいます。

少しだけ面倒な工程になりますが、

すそも4cm出すことができます。

そして大きく違うのが、幅も6cm出せること。

なので、ご入学時にブカブカすぎるものを買わなくても、お子さまの成長に合わせてサイズアップすることができます。

*********************************

大きすぎる学ランは着心地も良くありませんし、もしかしたら体がサイズにおいつかないうちに「卒業!」なんてことも。

でも、そこそこのサイズを買って「途中で買い換え」なんてことになったら…。

悩みますよね。

それぞれ成長ぶりが違いますので、「買い換えなくても大丈夫ですよ!」とは言い切れませんが、この機能を活用して、少しでも見た目のいい状態で着ていただければ、と思い、お勧めしております。

詰襟の中学校は販売店も多く、迷われるかも知れません。

「こっちの方が安い!」と飛びつく前に、まず機能を要チェック。

サイズアップできるタイプは、結局のところ、あまり価格はかわりません。

*********************************

「中学に入ってから成長期が来そう」

という男の子には、特にサイズアップ機能がついた詰襟がお勧めです。

もちろん、当店じゃなくても売っています。

店選び

「学生服、いろんな店で売ってるけど、何がどう違うの???」

小学校6年生のお子様を持つご家庭で、そろそろ抱く疑問ですね。

この時期お問い合わせが多い項目について語ります。

この業界に足を踏み入れて12年。

別業界でOLだったワタクシ番頭の、あくまでも偏った意見ですがご参考まで。

*********************************************

☆制服の生地って…☆

まぁ、よくあることですが、売る側だって商売なのでさまざまなアピールをします。

生地が柔らかい素材のものを、自分の店で売っていれば「柔軟性が高く」て、ライバル店で売っていれば「薄っぺらい」。

厚手の布地なら「ウチのは丈夫です」と言い、ライバル店のものなら「ゴワゴワして肌触りが良くない」と表現する。

まぁ、これはかなりイジワルな角度からの視点ですが。

今どきの学生服は、ご家庭でお洗濯できますし、撥水・防汚・防シワ加工は標準装備。

ワタクシ個人としては、すごく大きなアピールポイントとは違うかな…という気がします。

だいたい、学生服の「布地」を作っている会社は限られていますしね。

*********************************************

☆制服の機能☆

一見同じように見えても、比べると案外違います。

ご家庭でもサイズアップができるものや、内ポケットが多めについているもの。スラックスにくつずれ布がついていたり、汗脇パットが内蔵されていたり。

必要のない機能なら、ついていないほうが作業工程が少ない分価格も抑えられるでしょうし、そのあたりは色々検討しながら仕入れているわけですが。

では、当店が選んでいるものが正しいかというとそうでもなくて。

たとえば中学生男子は特に「強度」が重要な子が多いので、スラックスの裾についている「くつずれ布」は、外してはならない機能だと思っています。

が、これだって、ついていなくても大丈夫なお子さんもいますし、ご家庭で裾を直す時に面倒だからいらない、という方もいるのです。

ついてればいい、というものでもないようです。

*********************************************

☆価格☆

販売価格が高い=高品質、とも限りません。

どの分野に限らず、物を売るということは、その商品に対し宣伝費や移送費、販売に携わる人件費などがかかるわけですから、その経費を加算するのは当然のことです。

ですから、同じ品質の商品でも、たとえばテナント料がかかる店とかからない店とでは、料金設定が違ってきてもおかしくないのです。

*********************************************

☆アフターケア☆

大手販売店さんには、「成長にともなうお直しが3年間無料」という、素晴らしいサービスがついています。

当店にはついていません。しかもお直しはすべて有料

ここを比べる場合、無料を取るか期間を取るか、なんです。

大手販売店さんは、1週間かけてお直しの商品を回収し、翌週に工場でお直し。そしてその次の週にお受取りというところが多いです。

時間はかかるけれど、無料。※回数に制限があったり、キズ補修が含まれていないこともあります。

反対に当店のような小さな店は、有料ですが、お預かりは平均3日程度。

衣替えの2~3週間前にチェックして、お直しに出せるのなら、大手販売店さんの方が断然お得です。

*********************************************

☆最後に☆

店選びは、総合的に考えて、どこに重点をおくか、によると思います。

どこが「良い」店で、どこが「悪い」店なのか、ではなく、どこの店の制服がニーズに合っているか、です。

一見、同じように見える学生服。

一つの機能に対し「これ便利!」という方もいれば「別にいらない」という方もいます。

お値段がちょっとだけ高くても、制服上下を買えば夏服が無料だったり、お直し3年間無償保証がついているなんて素晴らしい!!

けれど、制服の上下どちらかの頂き物がある方にとっては、メリットがありません。

それぞれの方にとって、一長一短。

どのメーカー様も、たくさんの人と年月をかけて開発している商品なのですから、良い悪い、の判断ではないと思うのです。

*********************************************

☆余談☆

かつて学校採寸会の会場で「おたくとあっちの店の商品と、どこが違うの?」と聞かれて「あの店の制服は後から勝手に作ったニセモノです。ウチがオリジナルです」なんて、トンチンカンなことを答えた仲間がいました。

学校が認めた販売店に「ニセモノ」なんてありません。

そもそも質問の答えになっていません。

「ダメな店」と判断するなら、このタイプかな。笑

詰襟がきつくなったら

ここ数年、当店がメインで販売している詰襟はサイズアップ機能つきです。

↑襟の内側にこのマーク。

こちらの商品は、胸囲が6cm広がります。

******************************************************

ということで、胸周りのサイズアップ方法のご案内です

詰襟のわきの下にある縫い目を両サイドに引っ張ると、赤い糸が出てまいります。

その赤い糸をリッパーや糸切りばさみなどで切ります。

この時、布を切らないようにご注意ください。

1箇所切れたら、わりと簡単にほつれていきます。

両側に引っ張りながら、時々赤い糸を切りつつほどいていくと割と簡単です。

当店でもお受けいたしますが、有料です。

なので、ぜひご家庭でトライしてみてください。

ちなみに、店が忙しくないとき(まぁだいたい忙しくないんですが)は、直接ご案内しますので、やってみてくださいね。リッパーもちゃんとあります。